2018年2月11日更新

島根で神前式の撮って出しエンドロール

こんにちは。島根県(大田・出雲・松江)を拠点に北海道から沖縄、東京や大阪など全国へ出張して結婚式や前撮りの撮影をしているカメラマンWharkey(ワーキー)宮脇です。 今回は、3月の風が強い日に前撮りを担当させて頂いた記憶が新しいですが、あっという間に一ヶ月が経ち、お二人の結婚式当日がやってきました。 前撮りに続き、結婚式当日の撮影は披露宴のスナップ写真と、挙式披露宴の撮って出しエンドロールをご依頼頂きましたので、撮って出しエンドロールは朝から撮影スタートです(出雲大社さんでのスナップ写真撮影は出雲大社さんと専属契約をされている写真館さんが撮影されますので、弊社では披露宴のみになります)。

披露宴は島根県出雲市の結婚式場ベルヴィ ベル・ブラージュさんで執り行われます。今回の撮って出しエンドロールはベル・ブラージュさんでのメイクシーンの撮影から始まりました。「結婚式」の撮影は挙式から始まるのではなく、お支度からがスタートです。今回は結婚式場さんでのお支度ですが、ご自宅でお支度をされて出発される肩入れも素敵ですね。 もちろん肩入れの撮影も可能ですので、ご自宅での撮影をお考えの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

メイクも終わり、綺麗な和装に着替えられた新郎新婦様は出雲大社さんへ出発!あ、もちろん僕も後を追いました(笑)前日、「メイクが終わって時間があれば桜前撮りのロケーション撮影に出たいね!」なんてお二人と話していましたが、やはり厳しかったです。3月の前撮り時には桜は咲いていなかったので、もし結婚式当日に可能なら撮りたいと思っておりましたが残念。桜とのロケーション撮影はいつか家族写真やマタニティフォトで撮りましょう!!

挙式は出雲大社 北島国造館さんでの神前結婚式。緑や滝もあり、最高なロケーションなので映像でもとても素敵な画になります。県外から出雲大社へ観光に来られる方は神楽殿さんをご存知ですが、北島国造館さんは知らなかったと言った声を良く耳にします。県外の方で島根にお越しになった際は是非神楽殿さんにも、北島国造館さんにも行ってみてください。その後は出雲そばを食べてみて下さい。美味しいですよ!割子そばも美味しいですが、釜揚げそばもおすすめです!

挙式は映像のみの撮影なので写真はありませんが、厳かでとても素敵な結婚式が執り行われました。 映像も一眼レフカメラのビデオモードで撮っておりますので、写真と同様にボケがすごく綺麗な映像をお撮りできます。 全体的にピントの合うビデオカメラの映像も素敵ですが、撮って出しエンドロールはシネマ(映画)寄りの作品にしたいと考えており、ボケが綺麗なので見せたいところだけをピックアップできる一眼レフカメラのビデオモードを使用しております。ピントも含めた全ての設定をマニュアルであわせているので、神経使います、ほんと(笑)だけどやりがいがありますよ、撮って出しエンドロール!

乾杯を合図に人生最大の宴が始まる

さて、挙式が執り行われた後はベル・ブラージュさんへ戻って大盛り上がりの披露宴がスタートです。 披露宴開始の合図には新郎新婦様お手製のオープニングムービーが上映されました。その映像の中にはなんと僕が撮らせて頂いた前撮りのお写真が頻繁に登場していました!とても嬉しかったです。ありがとうございました! 色打掛にお着替えされておられましたが、神前式の流れから和傘を使用して和装で厳かに入場され祝辞へと続きました。そして乾杯で人生最大の宴がスタートです。が、僕は撮って出しエンドロールの撮影と編集をしていたのでほとんど写真を撮っていないので飛びます(笑)

僕がお父様と初めてお会いしたのは、2016年1月に出雲市のgrappino(グラッピーノ)さんで2週間程開催していた写真展にお越し頂いた時です。新婦さんとご両親様がグラッピーノさんへお買い物に来られていて、たまたま写真展にお越し頂いたのがきっかけです。写真展でのご縁からロケーション前撮り(フォトウェディング)と、結婚式当日の撮影のご依頼を頂けました。そして、夏にはバーベキューに呼んでいただき、冬には弟さんも結婚されるとの事で、弟さんの結婚式当日の写真撮影もご依頼頂けました。本当に、ご縁に感謝しかないです。ありがとうございます! 新婦様はお父様とヴァージョンロードスタイルでの再入場ができた喜びから涙されておられました。僕はお父様とお会いするのは写真展・前撮り・結婚式当日と3回目でしたが、「このお父様ならご家族から愛されるだろうな」と感じるほど家族思いなお父様だと感じました。映像にはヴァージョンロードスタイルでの再入場中のお父様が何とも言えない素敵な表情をされていますので、是非ご覧ください(撮って出しエンドロールのサンプルを最下部に掲載しております)。

キャンドルリレーで「永遠の愛」を封じ込む

披露宴会場が真っ暗になり、キャンドルリレーが始まりました。いよいよ披露宴もクライマックスです。キャンドルリレーの最後に火をそっと吹き消すことにより永遠の愛を封じ込めると言われています。キャンドルリレーもキャンドルサービスも素敵な披露宴の演出になりますし、写真でも映像でも画になりますので、ウェディングアルバムを作られる方におすすめです。是非参考にしてください。

新婦様のお手紙ではご両親様や大切な参列者の皆様へ感謝のお気持ちを綴っておられました。 お友達の皆様も、もちろんご両親様もハンカチ片手に涙されておられ、ご家族の皆様から本当に愛されて育てられ、お友達の皆様にも愛されているなと感じました。僕は撮って出しエンドロールの編集が終わっていたので写真を撮っていたのですが、自然と目に涙がこぼれていました。

いつも言えない感謝のお気持ちもこの時はだけは…ありがとう

普段は照れくさくて、面と向かって中々言えない感謝のお気持ち。だけど、皆さん花束贈呈の時だけはなんだかすんなり言えている気がします。 新婦様のお父様からは感謝のお気持ちのお返しに「幸せになれよ」と聞こえてきました。

新郎新婦様の退場から、ヴァージンロードスタイルでの再入場まで収録した撮って出しエンドロールの上映と続き、披露宴はお披楽喜となりました。 2016年の1月に開催した写真展で出会い、最初にご依頼して下さった新郎新婦様。忘れられない一日となりました。 僕にとっても素敵な時間を、思い出をありがとうございました!末永くお幸せに!

また夏はBBQに呼んでください!笑 それでは、撮って出しエンドロールをどうぞ!(BGMは著作権の関係上変更しております。)

以上、「島根で神前式の撮って出しエンドロール」についてでした!

記事一覧ページに戻る

結婚式の後に残る思い出は、お二人の心の中と写真(アルバム)、そして映像です。これらの写真(アルバム)や映像は、結婚式が終わった後もずっと思い出として、形になって残ります。 形になって残る思い出はこれから産まれてくるであろうお子様、お孫様へも伝えていけるとても大切な物になります。 結婚が決まったら、まずはその大切な思い出を残すウェディングカメラマン探しからされてはいかがでしょうか。 お二人にとって最高の思い出になるよう、精一杯サポートさせて頂きます。 「結婚式」という大切な一日のカメラマンに選んで頂ければ幸いです。

撮影のお申し込みはお問い合わせページよりお願い致します。