Follow us

2019年2月20日更新

結婚式のロケーション前撮りでかかるカメラマンの撮影費用まとめ

こんにちは。島根県(大田・出雲・松江)を拠点に結婚式や前撮りの撮影をしているWharkey(ワーキー)のカメラマン宮脇洸太です。

結婚が決まり、結婚式場さんやウェディングをされているホテルさんを巡って見学をしていく中で「前撮りはどうされますか?」と聞かれた事はありませんか? 今回のブログでは、結婚式のロケーション前撮りをカメラマン(僕)に頼むと費用はいくらくらいかかるのか、そんな疑問を解決できるような内容になっています。是非最後までご覧下さい。 ※僕がご提供しているロケーション前撮りのプランでのご説明です。全て税別での記載となります。

結婚式のロケーション前撮りにかかる費用

  • ・そもそもでロケーション前撮りって何?
  • ・前撮りの撮影費用ってどのくらいかかるの?
  • ・撮影代の他に必要な費用は?
  • ・ロケーションを移動したら費用がかかるの?
  • ・撮影費用の中にはデータ代って入ってるの?
  • ・アルバムってもらえるの?
  • ・どの前撮りプランがおすすめ?

そもそもでロケーション前撮りって何?

結婚式場やホテルウェディングのプランナーさん、衣装屋さんから「前撮りはどうしますか?」と聞かれると思います。その前撮りとは、ロケーション(外)で基本的に新郎新婦さんだけで婚礼衣装を着てゆっくり撮影する事です(お友達やご家族さんを交えて撮る事もあります)。結婚式当日には「二人だけでゆっくり撮れる時間」はあまりない事がほとんどですので、結婚式当日にゆっくり撮影できないかわりに、思い出の場所や公園などに出かけてお二人だけの写真をたくさん残す。それがロケーション前撮りになります。

下記ページにてロケーション前撮りのサンプルをフォトギャラリーでご紹介しております。
結婚式ロケーション前撮りのフォトギャラリーを見る

前撮りの撮影費用ってどのくらいかかるの?

結婚式には結構な費用がかかりますので、カメラマンに支払う撮影代も気になる所ですよね。僕がご提供しているロケーション前撮りは、時間制になります。最初のヘアメイクや着付けなどのお支度が終わって撮影を開始してから撮影終了までの時間になります(撮影開始後は途中のお色直しやロケーションの移動時間も含みます)。
※6時間プランの例:10時からお支度、12時から撮影開始〜18時撮影終了

  • ロケーション前撮りの撮影にかかる費用は以下になります。
  • ・デイプラン(3時間の撮影):60,000円
  • ・サンセットプラン(6時間の撮影):90,000円
  • ・オールデイプラン(9時間の撮影):120,000円
  • ※和傘やシャボン玉マシンなどをご利用になられる場合は1,000円程頂いております。

こちらがロケーション前撮りにかかる撮影費用になります。時間制にしたので、わかりやすいのではないでしょうか。

※今回のブログは日中の前撮りになります。星空ウェディングのプランに関しては下記ページをご覧下さい。
夜に撮る前撮り 星空ウェディング

撮影代の他に必要な費用は?

結婚式のロケーション前撮りをしようとすると、撮影代以外にも費用がかかる場合があります。それは以下になります。

  • ・衣装代
  • ・ヘアメイク代
  • ・施設利用料
  • ・カメラマン、美容師さん、衣装屋さんの出張費

衣装代について

衣装代は、衣装屋さんでタキシードやドレスなどの洋装、紋付袴や白無垢・色打掛などの和装をお借りするとレンタル代が発生します。衣装のレンタルはせず、インスタグラムで卒花嫁さんから譲ってもらったりネット通販で購入したりして撮影にお持ち込み頂くと安くおさまる場合があります。着たいタキシード・ドレスのご予算に応じて衣装をレンタルするか購入して持ち込むか決めてみて下さい。

ヘアメイク代について

こちらは美容師さんにお支払いする費用です。美容師さんにヘアメイクをお願いすると自分ではできないようなヘアアレンジにしてくださったり、プランによってはドレスを着るお手伝いをしてもらえたり、アテンド(撮影中に風が吹いて前髪が乱れたりした際に直してもらえたり、移動の際にはドレスの裾を持ったり)をして頂ける場合もあります。美容師さんにはお願いせず、ヘアメイクをご自身でされる方もおられます。

施設利用料について

施設利用料とは、公園や日本庭園など、施設をお借りして撮影する場合に施設へお礼としてお支払いする料金(場所代・施設のレンタル料)になります。こちらはお選びになるロケーションによってかかる費用は変わってきます。費用がかからず無料の施設もありますし、数千円〜数万円の費用がかかる施設もあります。これまで撮影でお借りした事がある施設でしたらどの程度の費用が必要かお答えできると思いますのでお気軽にご相談下さい。

出張費について

最後に出張費です。カメラマンの僕の場合、島根県ですと出雲市・大田市・江津市は出張費無料で撮影をお受けしております。その他の松江市と浜田市は3,000円、安来市や大根島は4,000円、益田市と鳥取県米子市は5,000円になります。その他では、鳥取市は10,000円〜、広島県・岡山県・山口県などの中国地方は15,000円〜、東京都・神奈川県・千葉県などの関東は40,000円〜、兵庫県や大阪府・京都府などの関西は20,000円〜、北海道や沖縄は要相談、とさせて頂いております。その他の地域にお住まいの方も、撮影代・出張費を含むお見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせ下さいませ。※宿泊が必要な場合は別途10,000円を頂戴しております。※衣装屋さんや美容師さんの出張費は、僕にはわかりかねますので直接お問い合わせ下さい。

ロケーションを移動したら費用がかかるの?

前撮りのロケーションを決めていく中で「ここで撮りたい!あと、ここでも撮りたい!」と、複数箇所の候補があがるかと思います。その候補を回ろうと思った時、僕の撮影プランではロケーションの移動があっても追加料金は頂いておりません。※移動するロケーションが遠い場合は頂く事もございます。ご相談下さいませ。

僕は、上記でご説明している時間制のプランでご提供しており、ロケーション1箇所につき1時間〜1時間半の時間を割り振って撮影をしております。たくさんのロケーションを回りたい場合は1箇所1時間、ゆっくり撮りたい場合は1時間半、といった感じで撮影をする事が多いです。ロケーションの数を決めるご参考にしてみてください。

撮影費用の中にはデータ代って入ってるの?

僕に結婚式のスナップ写真やロケーション前撮りのお問い合わせを頂く際、よくあるご質問として「撮影代とデータ納品代は別でかかるのか?」というご質問です。結婚式のスナップ写真、ロケーション前撮り、星空ウェディング、全ての写真撮影プランで撮影費用の中にデータ納品代も含まれておりますのでご安心下さい。撮影プランによって納品するデータの枚数が異なります。そちらは各撮影プランの詳細ページにてご確認下さいませ。
結婚式関連の写真撮影プラン一覧を見る

アルバムってもらえるの?

私がご提供する撮影プランにはウェディングアルバムの製本代は含まれておりません。それは、費用を気にせずたくさんの方が気軽に撮影をして結婚というハレの日の思い出を写真に残してほしいからです。なのでウェディングアルバムの製本はオプションにして、本当に欲しい方だけが別途ご依頼頂けるようにしております。

結婚式関連の撮影をするとウェディングアルバムって欲しくなりますよね。カメラマンとして結婚式の思い出を残すお手伝いをする僕としても是非、結婚式というハレの日をウェディングアルバムという形のある思い出に残して頂ければと思っております。特に、携帯などの画面で見る写真のデータはとても小さいです。それをウェディングアルバムと見比べた時、同じ写真であってもやはり違います。ページによっては、その1ページの中に「この写真があるから、別のこの写真がもっときわだつ」そんな物語もあります。このように、アルバムに製本したからこその感動があるので、カメラマンの僕としても是非ウェディングアルバムの製本をご検討頂けたらと思っています。

データを納品させて頂きますので、ご自身でアルバムを作られるのもできますし、僕にご依頼頂いても大丈夫です。僕にご依頼頂きますと自社でアルバムのレイアウトを作り、仕上げの製本はウェディングアルバム専門の工場へお願いしております。アルバムの種類別にプランをご用意しておりますので、下記のウェディングアルバム詳細ページもよろしければ御覧ください。
ウェディングアルバムについて詳しく見る

どの前撮りプランがおすすめ?

ロケーション前撮りについてお問い合わせ頂く際、こちらもよくご質問があります。どの前撮りプランがおすすめか、それはお客様によって異なります。例を挙げると以下のようになります。

  • ・3時間プラン:和装洋装含め衣装は1着〜2着。撮影は短い方がいい。ロケーションも少なくていい。そして撮影費用は安いほうがいい。
  • ・6時間プラン:和装洋装含め衣装は2着〜3着。ゆっくり撮りたい。撮影費用はそこそこかかっても大丈夫。
  • ・9時間プラン:和装洋装含め衣装は3着〜4着。撮影費用がかかってもとにかくたくさんの衣装を着て、それぞれの衣装でゆっくり撮りたい。

お二人がどんなロケーション前撮りをしたいのか、是非話し合ってみて下さい。「こんなロケーションを回りたくて、衣装はこれなんだけど、撮影をお願いするならどのプランがおすすめですか?」とお問い合わせ頂いても大丈夫です。お見積り含めご提案させて頂きますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

まとめ

結婚式のロケーション前撮りでかかるカメラマンの撮影費用についてまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

僕の場合は時間制の撮影代+オプションでウェディングアルバム製本代+地域によっては出張費となります。僕以外に費用が発生する項目としては、施設利用料、衣装代、ヘアメイク代になります。

結婚式はとても費用がかかりますのでロケーション前撮りにかけられるご予算の兼ね合いもあるかと思います。そのご予算とも相談しながらお二人が気に入った「撮ってほしいカメラマン」に撮影をお願いする事をおすすめします。撮影費用だけで決めるのではなく、どのカメラマンさんが「お二人の好みにあう写真を撮っているのか」それが一番大切だと思います。それで僕をご指名頂けたら全力で頑張ります。ご検討頂ければ幸いです。

下記ページにてロケーション前撮りのプランや納品方法、注意事項などを記載しております。併せて御覧ください。
結婚式のロケーション前撮りについて詳しく見る

この記事がお二人の参考になりましたら幸いです。

以上、「結婚式のロケーション前撮りでかかるカメラマンの撮影費用まとめ」についてでした!

結婚式の後に残る思い出は、お二人の心の中と写真(アルバム)、そして映像です。これらの写真(アルバム)や映像は、結婚式が終わった後もずっと思い出として、形になって残ります。 形になって残る思い出はこれから産まれてくるであろうお子様、お孫様へも伝えていけるとても大切な物になります。

結婚が決まったら、まずはその大切な思い出を残すウェディングカメラマン探しからされてはいかがでしょうか。お二人にとって最高の思い出になるよう、精一杯サポートさせて頂きます。「結婚式」という大切な一日のカメラマンに選んで頂ければ幸いです。

撮影のお申し込みは以下よりお願い致します。