Follow us

2019年7月13日更新

【鳥取県】鳥取砂丘と仁風閣(重要文化財)で結婚式の前撮り

こんにちは。島根県(大田・出雲・松江)を拠点に結婚式や前撮りの撮影をしているカメラマンWharkey(ワーキー)宮脇です。北海道から沖縄、東京や大阪など全国へ出張可能です^^

今回は東京と北海道からお越しのカップルからご依頼頂き、鳥取県へ出張して鳥取砂丘と仁風閣にて結婚式の洋装前撮りを担当させて頂きました。今回は、元号が平成から令和へ変わるタイミングでの撮影でしたのでゴールデンウィークは10連休。鳥取砂丘も仁風閣もたくさんの観光客さんがおられる中での前撮りでしたが無事に遂行する事ができました。それでは、鳥取県での前撮りフォトギャラリーブログいってみたいと思います。

日本三大砂丘の鳥取砂丘で撮るウェディングフォト

今回の鳥取県での前撮り最初のロケ地は広大な砂場、鳥取砂丘でした。2007年に日本の地質百選に選定された鳥取砂丘は、伯耆大山と同じく鳥取県のシンボルの一つとなっているみたいです。

この日は10連休となった平成最後で令和最初のGW2日目。早朝に島根県大田市を出発して鳥取砂丘へ着いた頃には観光客さんが数え切れないほどおられました(笑)。着いて休憩する間もなくロケハン(下見)を行い、撮影の準備を行いました。

まだ朝早いのにビックリするくらいの人、人・人。人!なので僕たちは人がほとんどいないor映り込みのない場所を選んで前撮りをスタートする事にしました。

また、鳥取砂丘にはラクダがいるので「一緒に撮れたらいいねー」なんて話しながら、事前にお問い合わせまでさせて頂いていたのに、朝早くからの行列に負けてラクダとの撮影は断念する事になりました。大粒涙

鳥取砂丘での前撮りは早朝がおすすめ

今回は10連休のゴールデンウィークという観光客だらけになる予感しかしていませんでしたので、朝早い時間から撮影をスタートしました。それでも鳥取砂丘の撮影を終えて仁風閣へ移動する時には、鳥取砂丘への上り車線は大渋滞になってました。恐るべしゴールデンウィーク。朝早くからの撮影にして良かった。。。

ゴールデンウィークだからというのもあったと思いますが、鳥取砂丘など有名な観光地での撮影は観光客さんの映り込みに配慮したり、通行の妨げになってはいけません。これらで時間をロスしても勿体無いですので、観光客さんが少ない早朝か夕方がおすすめです。

ちなみに今回の撮影プランは3時間プランでした。詳細はロケーション前撮りのページからご覧頂けます。

るろうに剣心のロケ地「仁風閣」で前撮り

鳥取砂丘をあとにした僕たち前撮りチームは、洋風建築で国の重要文化財になっている仁風閣へと向かいました。こちらの仁風閣は、大ヒット映画るろうに剣心のロケ地でもあります。映画のロケ地でも使われるほど雰囲気のある仁風閣での前撮り、やはり素敵です。ここで抜刀斎(佐藤健さん)が戦うシーンを撮ったんだなーと思いながらプライベートでは何回かお伺いさせて頂いておりまして、大好きな場所でした。そんな仁風閣で前撮りさせて頂ける貴重なご縁を頂けた事、とても感謝しています。

ちなみに仁風閣さんは土足禁止なので、全身を写そうと思ったら汚れていない綺麗な靴が必要ですのでご用意下さいね。

仁風閣は素敵な空間が広がっているしお庭も広い

室内の照明は暗めですが窓際は明るいですので、テラスの方では明るくて優しい印象の写真が撮れたり、お部屋とテラスの境目では逆光気味に撮ってシックな雰囲気にしたりと、光と影が色々な空間を作ってくれます。ウェディングフォトでは、ふんわり柔らかい写真が多いですが、僕はこのように光と影がある写真も好きです。仁風閣はカッコいい雰囲気が好きな方にはおすすめのロケーション!

また、外に出ると広いお庭もあります。るろうに剣心を意識して明治時代っぽい気分で撮ってみました。お庭も綺麗ですので、洋装での前撮りだけではなく、和装で撮影しても似合いますね!次回は和装前撮りでも来てみたい!新郎さん、赤系の袴を着てくれないかなー(るろうに剣心風の撮影がしたい!笑)。

鳥取県での結婚式前撮りのまとめ

今回の前撮りでは初めて鳥取砂丘と仁風閣という、鳥取を代表するロケーションで撮影させて頂きました。ちなみに今回の新婦様は2018年に撮影させて頂いたお客様の幼馴染との事。撮影させて頂いた方からご紹介頂ける事ってとても嬉しいですよね。ご紹介でお二人から撮影のご依頼を頂けたのはもちろんの事なのですが、鳥取砂丘と仁風閣この二箇所は僕個人的にもいつかは絶対撮ってみたいロケーションでしたので、ダブルで嬉しかったです。これからも、鳥取砂丘や仁風閣で撮影したい!と思われた新郎新婦さんの撮影をさせて頂ければ嬉しく思います。ご依頼お待ちしております!笑

新婦さんは綺麗なドレスをお持ち込みされたおしゃれさんでしたけど、ハットをかぶってすなば珈琲を飲みながら登場する新郎さん、果てしなくおしゃれでした(笑)

この度はご依頼頂きありがとうございました!末永くお幸せに!東京での結婚式、思いっきり楽しんで下さいね!

全国の皆様、鳥取や島根で前撮りをしたくなったらお気軽にご相談下さい!

以上、「鳥取砂丘と仁風閣(重要文化財)で結婚式の前撮り」についてでした!

結婚式の後に残る思い出は、お二人の心の中と写真(アルバム)、そして映像です。これらの写真(アルバム)や映像は、結婚式が終わった後もずっと思い出として、形になって残ります。 形になって残る思い出はこれから産まれてくるであろうお子様、お孫様へも伝えていけるとても大切な物になります。

結婚が決まったら、まずはその大切な思い出を残すウェディングカメラマン探しからされてはいかがでしょうか。お二人にとって最高の思い出になるよう、精一杯サポートさせて頂きます。「結婚式」という大切な一日のカメラマンに選んで頂ければ幸いです。

撮影のお申し込みは以下よりお願い致します。