Follow us

2019年7月14日更新

結婚式の写真撮影をカメラマンに依頼した時にかかる費用

今度結婚式・披露宴をするからスナップ写真撮影をカメラマンに頼みたいけど、どのくらいの費用がかかるのか知りたい!今回はそんな疑問を解決できるような内容になっています。ただ、ご紹介する内容は僕がご提供するプランでのお話ですので他のカメラマンさんの場合は異なります。

遅くなりました。島根県(大田・出雲・松江)を拠点に結婚式や前撮りの撮影をしているカメラマンWharkey(ワーキー)宮脇です。北海道から沖縄、東京や大阪など全国へ出張可能です^^お気軽にご相談下さい。

本ブログが、結婚式の撮影をカメラマンに頼もうか検討中の方の参考になれば幸いです。それでは、結婚式の撮影にかかる費用についてご説明していきたいと思います。

結婚式の撮影にかかる費用一覧

カメラマンに結婚式の写真撮影を依頼すると撮影代以外にも費用が必要な場合があります。それは以下の通りです。

  • ・撮影代
  • ・データ納品代
  • ・アルバム代
  • ・出張料
  • ・カメラマン持ち込み料

それでは、上記について一つ一つご説明していきます。

撮影料

結婚式の写真撮影をカメラマンに依頼する場合、この撮影代は100%かかります。撮影する内容によっても異なるかと思いますが、僕の場合は以下のようにプランを設定しています。

・挙式+披露宴:108,000円+税

新郎新婦様のお支度風景〜挙式〜披露宴のお開きまで

・挙式+披露宴+二次会:138,000円+税

新郎新婦様のお支度風景〜挙式〜披露宴のお開きまで+二次会開宴〜お開きまで

・挙式のみ:68,000円+税

新郎新婦様のお支度風景〜挙式終わりまで

・披露宴/1.5次回のみ:88,000円+税

披露宴または1.5次会の開宴〜お開きまで

簡単ではありますが、2019年7月1日現在はこのようなプランになっております。カメラマンがどんな写真を撮るのかという事も気になると思いますがやはり撮影代も気になる所かと思います。ご予算と照らし合わせてみて下さい。

結婚式以外にもロケーション前撮り・星空ウェディングの撮影も承っております。関しては詳しくは以下から御覧下さい。
ロケーション前撮りの詳細ページ 星空ウェディングの詳細ページ

データ納品代

結婚式の写真をアルバムでも見返したいけど、携帯やパソコンでサラッと見返したい!といった場合もありますよね。そんな方の為に、僕に結婚式の撮影をご依頼頂ける場合、データは数百枚納品しております。枚数はプランによって異なりますので、詳しくは結婚式の写真撮影プランの詳細ページにて御覧下さい。

データを納品するのに別途費用がかかるの?と思われたかもしれませんが、僕の撮影プランは撮影代にデータ納品代も含んでおります。ですので、データをお渡しするからと言って、別途費用が発生する事はありません。納品したデータを使用して、新郎新婦様ご自身でアルバムをお作り頂く事も可能です。

ウェディングアルバム代

家族の歴史が始まる一日「結婚式」だからこそ、カメラマンが撮った綺麗な写真をまとめて高級感のあるウェディングアルバムとして見返したいですよね。僕は、基本プランにウェディングアルバムの製本代は含んでおりませんので、オプション扱いとなります。ウェディングアルバムの製本代は以下になります。

・見開きアルバム:25,000円〜28,000円+税

見開き二面または三面の、一番お求めやすいウェディングアルバムになります。

・コンパクトアルバム:38,000円〜+税

印刷にこだわりがなく、ウェディングアルバムに比較的多くの写真を入れたいけど予算を抑えたいといった場合におすすめです。

・シンプルアルバム:58,000円〜+税

肌触りが良いウェディングアルバムです。一枚一枚の写真を比較的大きいレイアウトで組んでいきますので、高級感があると思います。

・高級アルバム:78,000円〜+税

僕がご用意しているウェディングアルバムの中で一番高級、一番綺麗にプリントされるアルバムになります。また、一番人気のウェディングアルバムでもあります。

ウェディングアルバム全て共通ですが、二冊目以降の増刷料金は一冊目よりはるかにお安くなっております。ウェディングアルバムの製本代や増刷料金はページ数やプランによって異なります。詳しくはウェディングアルバムの詳細ページにて御覧下さい。

出張料

カメラマンに結婚式の撮影を頼みたいけど、そのカメラマンが新郎新婦様から離れた地域に住んでいる場合は出張料というのがかかってしまいます。出張料の中には交通費(高速代や駐車場代、航空券や電車代)、場所によっては宿泊代などが含まれます。僕は島根県大田市を拠点に活動しておりますので、例えば結婚式が東京で執り行われる場合は島根県の出雲空港から羽田空港までの航空券、羽田空港から結婚式場までの電車代を合算して計算します。東京の場合は当日になって飛行機が欠航となると新幹線に振り替えたとしても結婚式に間に合わなくなりますので、余裕をもって前日に東京入りをしますので宿泊代10,000円もお願いしております。

目安にはなっておりますが、全国各地への出張料に関して以下リンク先にまとめております。是非御覧下さい。
出張料の目安を見る

カメラマン持ち込み料

最後に大事な項目「カメラマン持ち込み料」についてです。結婚式場によってはカメラマンを外部から持ち込むのに料金がかかる場合、自由に持ち込める場合、そもそもでカメラマンの持ち込みを全面NGとしている場合があります。これは結婚式場によって異なりますが、カメラマンの持ち込みを許可している大概の場合で持ち込み料はかかってしまうかと思います。 このカメラマン持ち込み料というのは安い場合で3万円、高い場合は10万円程にまでなってしまう会場もあるみたいです。

こちらのカメラマン持ち込み料ですが、僕の方で負担する事はしておりません。大変心苦しいのですが、新郎新婦様の方でご負担頂きますようお願い致します。

ちなみにカメラマンの持ち込みNGの結婚式場さんでも、契約前にカメラマンを持ち込みたい旨を交渉すると条件付きで持ち込みを許可して頂ける場合もあります。是非、契約前に交渉してみてください。

結婚式の写真撮影をカメラマンに依頼する場合の費用まとめ

カメラマンに結婚式の写真撮影を依頼する際にかかる費用「撮影代」「データ納品代」「ウェディングアルバム代」「出張料」「カメラマン持ち込み料」と、項目を分けてご説明致しましたが、いかがでしたでしょうか。

お二人がデータだけで良いのか、ウェディングアルバムも持っておきたいのか、依頼したいカメラマンがどの地域に住んでいるのか、結婚式場にカメラマンを持ち込むのに料金がかかるのか、それぞれの条件によって最終的な金額は異なります。

結婚式のカメラマンを僕に依頼したい!とご検討下さっている場合のお見積りのご依頼やスケジュールのご確認は無料ですので、是非お気軽にお問い合わせ下さい。

皆様にお会いできる事、楽しみにしております。

以上、「結婚式の写真撮影をカメラマンに依頼した時にかかる費用」についてでした!

結婚式の後に残る思い出は、お二人の心の中と写真(アルバム)、そして映像です。これらの写真(アルバム)や映像は、結婚式が終わった後もずっと思い出として、形になって残ります。 形になって残る思い出はこれから産まれてくるであろうお子様、お孫様へも伝えていけるとても大切な物になります。

結婚が決まったら、まずはその大切な思い出を残すウェディングカメラマン探しからされてはいかがでしょうか。お二人にとって最高の思い出になるよう、精一杯サポートさせて頂きます。「結婚式」という大切な一日のカメラマンに選んで頂ければ幸いです。

撮影のお申し込みは以下よりお願い致します。